雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本野鳥の会レンジャー 大畑孝二さん講演会


講演会のご案内です。

財団法人日本野鳥の会のレンジャーで、現在、愛知県の豊田市自然観察の森所長をされている大畑孝二さんの講演会を、ここ雪入ふれあいの里公園で開催します。
テーマは「ラムサール条約登録の現場から」。国内屈指の同条約登録湿地で活躍されてきた現役レンジャーのお話を聞く機会はめったにありません。野鳥やその保護に関心のある方々のご来場をお待ちしています。


大畑さん


講演内容や申し込み方法は以下のとおりです。

-------------------------------------------------------------------------------------
(演題)
  茨城の水辺をラムサール条約湿地に~ウトナイ、片野鴨池、豊田の登録湿地から~
(日時)
  平成25年7月20日(土)  午後1時から午後3時半(受付開始12時30分~)
(会場)
  雪入ふれあいの里公園ネイチャーセンター シアタールーム
(聴講者定員)
  70名(先着順)
(聴講料)
  無料
(申し込み方法)
  受付開始は6月25日(火)から。お名前、お住まい、お電話番号を明記の上、ファクスまたはお電話にてお申し込みください。グループでお申し込みの場合は、代表者の方のお名前、ご連絡先、人数をお知らせください。
(お問い合わせ、お申し込み先)
  雪入ふれあいの里公園ネイチャーセンター (tel)0299-59-7000 (fax)0299-59-7373
(主催)
  日本野鳥の会茨城県、雪入ふれあいの里公園の共催
(後援)
  茨城県
--------------------------------------------------------------------------------------

講演の主旨について
  茨城・栃木・群馬・埼玉4県にまたがる渡良瀬遊水地が、昨年ラムサール条約湿地になりましたが、本県分は河川域のわずかな部分だけです。日本の代表的な湖沼県である本県は、環境省が指定するラムサール条約湿地潜在候補地を3ヶ所も抱えていることから、本県ならではのラムサール条約湿地を実現する道筋を考えるための講演会を企画しました。
  講師は、日本野鳥の会直営のウトナイサンクチェアリでのレンジャー業務を皮切りに石川県大聖寺市の片野鴨池という日本を代表するラムサール条約湿地で勤務し、豊田市自然観察の森では昨年ラムサール条約湿地に指定された市内の特異な湿地3ヶ所の活動推進母体として活躍され、登録に導くところから登録後の諸活動まで抱負な経験をお話いただき、茨城の重要湿地をどのような道筋で指定に導くかを考える機会にしたいと思います。
  なお、講演に先立ち、ウトナイ湖畔で半生を過ごした国際的な標本採取人折居豹二郎について、元ウトナイ湖サンクチュアリのレンジャーで、現在雪入ふれあいの里公園副所長の川﨑がご紹介します。



大畑孝二さんのプロフィール

<略歴>
1959年、岐阜県瑞浪市生まれ。日本野鳥の会レンジャー。日本野鳥の会東京事務所を皮切りに、ウトナイ湖サンクチュアリ、加賀市鴨池観察館のレンジャーを経て、2003年4月から豊田市自然観察の森に勤務。ウトナイでは、千歳川放水路計画等開発問題への対応を、鴨池では水田農業とカモ類の共存の模索を、そして豊田では里山での環境教育や保全に関わる。環境省鳥類標識調査資格、環境カウンセラー、プロジェクトワイルドエジュケーター。

<著書、論文等>
「ぼくは野鳥のレンジャーだ」(ひくまの出版、1987年発行)、
写真集「ウトナイの四季」(北海道新聞社、1995年発行)
「ウトナイ湖サンクチュアリ物語」(ひくまの出版、2001年発行)
「これがカモ!カモなんでも図鑑」(大日本図書、2005年発行)
「市民が止めた!千歳川放水路」(北海道新聞社、2003年発行)
自然ガイド「勇払原野-ウトナイ湖・美々川」(北海道新聞社、2005年発行)
「夏鳥たちの歌は、今」(三省堂、1993年発行:共著)
「自然保護レンジャーになるには」(ぺりかん社、1994年発行:共著)
「瑞浪市の生きものたち~瑞浪市生物調査報告書」(瑞浪市 2008年発行:編著)
「豊田の生きものたち~生物多様性を知る~」(豊田市 2009年発行:編著)

<海外調査、野鳥観察>
香港(マイポ湿地他)、タイ(カオヤイ国立公園他)、アメリカ(ネブラスカ州)、韓国(チョンス湾他)、オーストラリア(カカドウ国立公園他)、マレーシア(タマンネガラ国立公園他)、ロシア(ハバロフスク周辺・カムチャツカ半島)、北京(2008年3月、5月カササギ調査)など。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/17 08:47)

瑞浪市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント 2013-06-17 (Mon) 08:47


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。