FC2ブログ

雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は忙しくも楽しい一日でした

2018/05/13

今日は公園主催の「もっと早起きバードウォッチング」の日。
一応先生をしないといけないので、朝4時におきて、会場の三ツ石森林公園に5時に到着。
スタートの5時30分にやってきたのは、女性4名男性1名の計5人。

いきなりエナガの家族がお出迎え。巣だって間もないかわいい幼鳥の姿を堪能しました。
公園内をゆっくり移動していると、おめあてのひとつキビタキに遭遇。距離が近かったので、とてもよく観察できました。
ほかにコゲラ、メジロ、ヒヨドリ、イカル、ソウシチョウ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラの姿やさえずりを聞き、最後には、枯枝の先にとまってピョーピョー鳴いていたアオゲラを、スコープでじっくりと観察することができ、みなさん大満足。
やっぱり早起きはいいことありますよね。

続いて、10時からは、雪入ふれあいの里公園の花の池に繁茂している「アゾラ」という赤い浮草の除去作業。
今回は、筑波大学の先生と学生が水質などの調査がてら、駆除作業に参加してくれました。

DSC_0224.jpg

すべては取り切れませんでしたが、1/10ぐらいはとれたかな。
採ったアゾラは肥料化して、園内のミニ農場の作物の肥料として利用する予定です。
ジャガイモやニンジンが収穫できたら、作業を手伝ってくれたみなさんにイノシシカレーをふるまうつもりです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。