FC2ブログ

雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

2018年2月の鳥あわせ

2018年2月に雪入ふれあいの里公園とその周辺で観察された野鳥は以下のとおりです。

コジュケイ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、トビ、ハイタカ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、キクイタダキ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ
以上36種類。

今年の2月はちょっぴり鳥が少なめでさびしい感じです。
ルリビタキ、ジョウビタキのきれいな雄も今年は少なめ。
マヒワは例年どおり30羽以上の群れが観察されました。
ネイチャーセンター前の杉林で、ときどきキクイタダキが見られました。
お天気の良い日には、シジュウカラがさえずるようになりました。
公園内では記録の少ないヒドリガモが風の池に入りました。

ヒドリガモ

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する