雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

2017年9月の鳥あわせ


2017年9月に雪入ふれあいの里公園とその周辺で観察された野鳥は以下のとおりです。

キジ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ホトトギス、アマツバメ、ミサゴ、ハチクマ、ツミ、オオタカ、サシバ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、チゴハヤブサ、ハヤブサ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、エゾビタキ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上36の種類。

トピックス
〇タカの渡りが観測されました。昨年よりハチクマさんの出方があまりよくなかったですが、珍しいチゴハヤブサが観察会の時に見られました。
〇タカ以外にも、ホトトギス、アマツバメ、エゾビタキなど、渡りの通過途中の小鳥たちも見られました。

ちごはやぶさのコピーチゴハヤブサ

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する