雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

虫をさがして...

2013/5/14

今日は、朝から汗ばむくらいの暑い日でしたね。
30度を越したところもあったとか。雪入もこの年一番の暑さとなりました。
暑いといえば、やっぱり虫。いろんな虫たちが発生しているだろうなあと思い、ネイチャーセンターから鳥の池まで虫さがしに行ってきました。
最初に見つけたのはコミスジ。エントランスの前をぱたぱたすうーっと飛び回り、ブロック歩道の上に翅を広げてとまりました。太陽をあびて体温をあげているんでしょうか。

DSC_5972.jpg


遊歩道を上がっていくと、路傍にはハルジオンが花さかり。いっぱい虫がたかっているんだろうなあ、と思いきや、目についたのはコアオハナムグリとヒメウラナミシジミだけでした。といっても、私の目ではそれくらいしか見つからなかったんでしけどね。

コアオハナムグリ


茎にとげがあって、さわるととても痛がゆくなるイラクサには、フクラスズメという蛾の幼虫がへばりついていて、葉っぱをむしゃむしゃ食べていました。

フクラスズメ幼虫(イラクサ)


雪入山に3つある池のうちで一番小さい「花の池」には、ボードウォークが設置してあって、水生昆虫を観察するにはもってこい。今日は何がいるかなあ、と水面をのぞきこんでみると、黄金色に輝くコウホネの花を一輪見つけることができました。

DSC_5899.jpg


水面に浮かんだスイレンの葉っぱには、イトトンボのなかまの抜け殻を発見。仲良く2匹がならんで羽化したみたいですね。クロイトトンボ(と思います)が近くにいたので、きっとこの子たちの抜け殻なんでしょう。

DSC_5903.jpg DSC_5906.jpg


池でトンボをさがしていると、湖畔のハンノキからぶんぶんと蜂の羽音が。そっと近付いてみると、木から流れ出ている白い樹液を、オオスズメバチがおいしそうに食べているところでした。
そこへ別の一頭が出現。この春一番のごちそうを横取りされまいと、喧嘩がはじまり、

DSC_5943.jpg

くんずほぐれつしながら水面に落下! そこでもバトルは続きます。

DSC_5950.jpg

どうやら決着はついたようで、一頭はすぐに飛び立っていきましたが、一頭は水面でおぼれそうになりながら、えっちらおっちら岸までなんとか泳ぎ切り、這い上がってぐったりしてました。食べ物をめぐる争いはすごいもんですねえ。

DSC_5956.jpg
 

これだけ見れたらかなり満足。よし帰ろう、とネイチャーセンターに向かって歩いていると、路上から小さな虫が飛びあがり、不時着。よく見ると、ニワハンミョウくんではありませんか。今年初めて見たので感激!!
鋭い大あごでアリをつかまえて食べる様子など、じっくりと写真を撮らせていただきました。

DSC_5920.jpg
DSC_5916.jpg
DSC_5926.jpg



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スズメバチの観察レポに感動しました♪写真に収めるのは真似できません!

春風 | URL | 2013-05-19(Sun)10:09 [編集]


Re: タイトルなし

> スズメバチの観察レポに感動しました♪写真に収めるのは真似できません!

春風さんコメントありがとうございます。
ほんとにたまたま偶然出会ったのを撮っただけですので、腕ではなく100%運です。
ここはこういう「運」がけっこう落ちている場所で、人も少ないので、ゆっくり生物観察など楽しめると思います。お時間があればぜひご来園ください。

雪入ふれあいの里ネイチャーセンター | URL | 2013-05-22(Wed)16:18 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。