雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

2016年9月の鳥あわせ

2016/10/8

2106年9月に公園とその周辺で観察された野鳥は以下のとおりです。

カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、アマツバメ、ミサゴ、ハチクマ、トビ、ツミ、オオタカ、サシバ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、サンコウチョウ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、スズメ、キセキレイ、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上の34種類。

トピック
・タカの渡りが観察されました。今年は、昨年と比べると、南の方へ渡るものが少なく、西の方角へ低い高度で移動していくものが多かったです。
・25日、カケスが初認されました。こちらも西へ移動してくものが多かったですね。
・9日、林道でサンコウチョウのさえずりを聞きました。記録としてはもっとも遅いものでした。

ネイチャーセンター上空でトビ、ノスリ、サシバのタカ柱。
S0818457.jpg

野外トイレ上空低いところを旋回上昇するハチクマ
S0828461.jpg


PageTop