雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年9月の鳥あわせ

2014/09/30
雪入ふれあいの里公園 2014年9月の野鳥記録

キジ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ホトトギス、ツツドリ、ハチクマ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、サシバ、ノスリ、フクロウ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、サンコウチョウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、エゾビタキ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、コジュケイ、ガビチョウ、ソウシチョウ
以上の40種類。

トピックス
○以下の秋の渡り鳥が観測されました。
 ホトトギス、ツツドリ→道路わきの桜の木で時々姿を見ました。
 タカ類→ハチクマやツミなど。ネイチャーセンター上空を舞う。珍しいチョウゲンボウも。
 エゾビタキ→観察路にて目撃、撮影されました。
 ヒヨドリ→センター周辺を十数羽の群れが南へ移動。
○稲刈り後の田んぼにダイサギ、チュウサギが姿を見せるようになりました。
○15日。フクロウがネイチャーセンター脇の職員駐車場にある梅の木に止まっていました。

10月に入るとツグミなどの冬鳥が渡ってきて、いよいよ本格的なバードウォッチングシーズンの到来となります。今年はどんな野鳥に出会えるか楽しみですね。

スポンサーサイト

PageTop

何をくわえているの?

2014/09/26

朝、ネイチャーセンターの床のモップがけをしていると、足元に床そっくりの色をしたとてつもなくデカいクモを発見!
とりあえず写真を撮る。

ふむ? 妙に腹の下がふくれているぞ。なにか口(デカい牙)にくわえているのか?

DSCF2377.jpg

横に回ってもう一枚。
どうも卵のようです。図鑑などで調べてみると、イオウイロハシリグモらしい。
こうやって赤ちゃんを守っているのでしょう。

DSCF2381.jpg

そういえば、ススキの葉っぱをちまきのように巻いてその中で産卵するカバキコマチグモは、生まれた赤ちゃんグモが最初に口にする離乳食は、なんとお母さんの体。
人も負けないように、こどもたちを大切にしないとね。

PageTop

なっとうどーもくん来園!

2014/9/17

昨夕、NHK水戸放送局のローカル番組「みんなでいばらナイト」が、わが雪入ふれあいの里公園から生中継されました。
ご視聴された方も多いかと思います。

DSCF2372.jpg

午後のリハーサルでは、なっとうどーもくんも応援に。
上佐谷小学校のこどもたちが群がり、もみくちゃにされるほどの人気でした。

生放送本番も無事に終えることができ、雪入らしい静かな山里からアットホームな雰囲気をお伝えできたのではないかと思います。

地域のこどもから大人まで、いろいろな人たちによって見守られている雪入山。
いつまでも大切にしたいですね。

PageTop

NHK「みんなでいばらナイト」 雪入から生中継!

雪入がテレビにでるよお

今月17日(水)放送のNHK水戸放送局の番組「44市町村みんなでいばらナイト」が、ここ雪入ふれあいの里公園から生中継されます。

地域のすばらしい自然とそれを守る人たちをテーマに、市立上佐谷小学校のこどもたちや、雪入探険隊が行っている、雪入山の環境保全、環境学習活動の成果などが紹介されます。

ぜひ、見てくださいね~。

PageTop

雪入BIRDERS倶楽部がタカ渡りウォッチング

2014/9/13

今日は、今年の5月に設立された雪入BIRDERS倶楽部主催のタカ渡りウォッチングが開催されました。
わたしも、事務局の一員として参加してまいりました。

場所は、公園内にあたらしく整備した「鷹見の丘休憩所」(勝手につけた名前です)。

テーブルやベンチをしつらえて、そこにお菓子やお茶、会員提供のナスの漬物(これが実にうまかったです)などをつまみながら、タカ見を楽しみました。

DSCF2362.jpg

集まった会員は15名。
ちょっと雲の多い空模様でしたが、適度に風がふき、期待は膨らみます。

ここでのポイントは、上写真奥の浅間山山頂付近からこちらへやってくるタカ類。
こちらへやってきたタカは、頭上で旋回上昇し、南西方向へ渡っていきます。それを見ようというもの。
でも、飛ぶのはトビばかり。全部で30羽以上はいたでしょうか。

DSCF2360.jpg

開始1時間をすぎるころ、オオタカ、ツミ、ノスリが出てきて、一気に会場は大盛り上がり。

そして、さらに30分ほどして、出ました出ました本日の主役・ハチクマさんです。

DSC_1154.jpg
写真:会員提供

合計4羽が飛んでくれました。
500m上空まで上昇した後、南西へ向けて滑翔しはじめましたが、気流が気に入らなかったのか、途中で引き返して山林へ降りてしまいました。

でも、10分以上は飛んでくれたので、全員大満足。

これから天気のよい日が続くと、さらにいろんなタカが頭上を飛んでくれるでしょう。
10月初旬までは楽しめそうです。

PageTop

常陸太田市立佐竹小学校のこどもたち

2014/9/12

ふれあいの里公園には、春と秋に小学校の遠足や社会科見学などの団体利用が多いのですが、わたしが知る限り、もっとも遠方からの来園は、本日の佐竹小学校です。

午後から、霞ヶ浦での湖上スクール(船に乗って水質検査などを行う)があり、午前中は雪入で自然学習をするということで来園されました。
27名のこどもたちを引率し、まずは観察路を案内。公園ができるまでの歴史や人のくらしとのかかわりなどについて、採石場だったころの遺跡?や岩石などを見ながら説明しました。
また、チョウやバッタ、セミなど、道々で出会う昆虫たちをつかまえたり、クズやセンニンソウの花のかおりをかいだり、いきものたちとふれあいを楽しみました。

山登りがおわったあとはザリガニつり大会。さあ、だれが一番つれるかなあ?

DSCF2354.jpg

DSCF2359.jpg

DSCF2358.jpg

いやはや、あっという間にこんなにつりあげちゃうなんて!!
わがセンターの釣り名人もびっくりしておりました。

また、来年もおいでね~。

PageTop

8月の野鳥記録

雪入ふれあいの里公園 2014年8月の野鳥記録

キジバト、カワウ、トビ、ツミ、オオタカ、サシバ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ、キセキレイ、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上の24種類。

トピックス
○一年でもっとも鳥の種類が少ない月となりました。鳥の暑いとあまり出てこないのかなあ?
○そろそろ秋のタカの渡りがはじまります。地つきのサシバ、ノスリもなんとなく落ち着きがなさそう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。