雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーリーバードウォッチング

2014/05/31

5月最後の土曜日。
今日は早朝5時から、三ツ石森林公園周辺にてバードウォッチングを行いました。

参加者は大人8名。

見られた鳥は以下の24種類でした。

アオゲラ 「ピョーピョー」と繁殖期特有の鳴き声。
アオバト 一瞬でしたが3羽が上空を通過。
イカル 木のてっぺんにとまり、「キヨコキー」ととってもすがすがしいさえずり。
ウグイス 普通種ですが、最近数が減ったとの声も。
オオタカ 足に獲物をもって飛んでました。
カワラヒワ キリコロと鳴きながら2羽で飛んでました。
キジ 麓の里から「ケーンケーーン」の声が届きました。
キジバト かすかに「デデーポーポー」と鳴き声が。
キビタキ 林道のすぐ脇で鳴いてくれました。
コゲラ 木にとまって羽づくろいしているところをバッチリ観察。
コジュケイ 駐車場わきの藪の中から「ちょっとこい、ちょっとこい」
サシバ 解散直後に駐車場前の木にとまりました。
サンコウチョウ 雄、雌ともに姿を見ることができました。
シジュウカラ 2羽がさえずりあっているのを聞きました。
スズメ 道路標識の管に営巣しているみたい。
ソウシチョウ やかましくずっと鳴いていました。
ツバメ ほんの数秒上空を通過。
トラツグミ 道路脇から飛び立ったのと、ひと声鳴いたのを確認。
ハシブトガラス オオタカを追ってました。
ヒヨドリ 普通種。この時期はやっぱり2羽で活動しています。
ホオジロ 木のてっぺんでさえずり。
ホトトギス 「特許許可局」とよく鳴いていました。
メジロ こちらも2羽で飛び回っていました。
ヤマガラ 遠くから「ツーベーツーベー」

〆は、森の小屋にてレギュラーコーヒーを飲みながらの鳥あわせ。
早朝、野鳥の声や姿を楽しんだ後のまったりしたコーヒータイムは実にいいですな。

スポンサーサイト

PageTop

新種追加!?

2014/05/28

ほんとの”新種”が発見されたわけではありません。これまで写真に収めることのできていなかったチョウが新たにライブラリーに加わりました。

今、雪入ではウツギ(卯の花)が花盛りで、そこに吸蜜におとずれる昆虫がたくさんいるんですが、今日は、一日でアオバセセリ、イチモンジチョウ、そして念願だったアオスジアゲハまで写真にとることができました。

DSCF1226-001.jpg

DSCF1233-001.jpg

DSCF1239-001.jpg

アオバセセリは初めて見たので少し手が震えてしまいボケちゃってます。アオスジアゲハはやや遠かったのでブレてしまいました。アオスジアゲハは初夏から夏まで見られるんですが、長いこと花にとまっていてくれないのと、一度にかなり遠くまで飛んで行ってしまうため、今まで撮影することができずにいました。

今日は感動の一日でございました。

PageTop

愛鳥モデル校訪問 第二弾 桜川市立桃山中学校

2014/05/22

定波のブナ林での調査を終え、常磐と北関東の高速道路で一路桜川市へ。
といっても、僕のすまいは桜川市なので、とんぼ帰りってやつですね。

一度自宅で着替えてから、県の人と待ち合わせの場所へ。ちょうどお昼だったので、ファミレスでランチをしながら打ち合わせを行いました。
腹が膨れるとさすがに眠くなってきたので、コンビニで眠眠打破を一本注入。すぐに復活。

さて、訪問先の桃山中学校は、旧真壁町にあるおしゃれなたたずまいの校舎で、「ヤンキー母校に帰る」のロケにも使われたことがあるそうです。
何よりも驚いたのは、筑波山に4ヘクタールもの学校林(営林署から借りているそうです)があって、教育の一環としてそこでの森林保全活動を行っているということです。その森には、なんと直径3mの大桜が2本あり、太郎桜、次郎桜と命名して大切に保護しているとのこと。
校長先生は、そこで野鳥に関する活動を何かしたいとのお考えをお持ちだそうです。

さて、今日の舞台は広々とした「武道館」。柔道の練習ができる畳の上に1学年の生徒96名が静かに着座し、出迎えてくれました。

DSCF1182.jpg

2か月前までは小学生だったわけで、みんなまだあどけなさが残っていてかわいかったですよ。
お話はいつもとだいたい同じですが、写真だけでなくて実際の野鳥を感じてもらえるよう、今日はセンターにあるはく製やら巣やらカービングやらを持ち込んで、巧み?な話術でもって鳥の生態をわかりやすく説明した、つもりです。

004_20140523155952824.jpg

何か今日は口のすべりがとてもよく、眠眠打破には何かこのような作用を催す物質が入っているらしいです(ウソです)。

DSCF1183.jpg

筑波山は以前の仕事場だったので、何かお手伝いできることがあれば是非に、とお願いし学校を後にしました。

中間テストの後のお疲れのところ、まじめに話を聞いてくれたみなさん、ほんとにありがとうございました!

PageTop

モニ1000繁殖期の調査 定波ブナ林へ

2014/05/22

環境省が100年の計で環境変化を見ていこうという大掛かりな全国調査「モニタリングサイト1000」の野鳥の繁殖期調査のため、北茨城市の定波ブナ林へ行ってきました。
丑三つ時に自宅を出発し、現地着は早朝5時。
いやあ、初夏のブナ林ってほんと気持ちいい、最高ですね。

DSCF1154.jpg

人はまったくいないので、この大自然を独り占めです。
沢のせせらぎがこだまする新緑の森には、キビタキ、イカル、ホトトギスなど美しい夏鳥たちのコーラスが森いっぱいに響き渡っていました。ちと残念だったのは、毎年楽しみにしていたコルリの声がまったく聴けなかったことです。数が減っているらしいとのうわさも耳にしますので、少し心配ですね。

定波は茨城県の最北端の山村で、今はヤマツツジがまっさかり。

DSCF1163.jpg

藤の花もやっと咲き始めたばかりです。

DSCF1166.jpg

そして、たぶんこれサクラの一種ですよね? 雪入ではとうに終わってしまった桜がまだ見られるなんて、茨城もけっこう広いのね。

DSCF1170.jpg

田植えもまだこれからのようで、代掻きの終わった田んぼにはカルガモがのんびりと休んでおりました。

DSCF1169.jpg

シドキやオニタラボなどの山菜もちょうよいくらいでしたが、一応自然公園区域なので、つばを飲み込みながら見るだけにシドキました。

PageTop

愛鳥モデル校訪問 第一弾 大子町立生瀬小学校

2014/05/19

今年もこの季節がやってきました!
毎年5月の愛鳥週間にあわせて、県が新規に指定した愛鳥モデル校を訪問して、こどもたちに鳥のお話をしようという企画。
平成21年度からはじめて、今年で6年目を迎えました。
今年もかわいいこどもたちと素敵な先生方にお会いできるのを楽しみにしていたんです。

今年僕が担当するのは4校。その第一弾が大子町立生瀬小学校です。
大子といえば袋田の滝が有名ですが、実はその上にもうひとつ素晴らしい滝があるのを知ってました?
それがこの生瀬の滝。袋田の滝と違って、上から見られるのがGOODです。滝の上には天然のプールがあって、一度夏に入りたいと思っています。

DSCF1134.jpg

さて、生瀬小学校はこの生瀬の滝から5分ほどのところ、高台にある小学校です。
これが入口。急な斜面には植込みで「生セ小」の文字が。

DSCF1144.jpg

学校の裏手には、4ヘクタールもある学校林があって、ここが子供たちの自然体験学習の場として活用されているとのことでした。地域のPTAやシルバーさんの管理のおかげで、こんなにきれいに整備されているんです。

DSCF1141.jpg

学校とその周辺で見られそうな鳥たちのスライド上映と、いつもように双眼鏡や図鑑などの補助物品をお渡ししたあと、校長先生、教頭先生とこれからの活動についてご相談させていただきました。

帰り際、学校林の様子を拝見させていただいていると、シルバーの方がささっと斜面を下りて草を刈っていました。
命綱をつけ、片手に鎌をもち、さくさくと手慣れた様子で草を刈ってました。その足さばき、鎌さばきのすばらしいこと。
これぞ職人、って感じでしたね。

DSCF1143.jpg

すいません。こどもたちの写真をとってもらうのを忘れてました。
まわりが自然たっぷりなので、とても純朴でかわいいこどもたちばかりでしたよ。
学校林で巣箱かけやバードウォッチングをしたいといっていたので、そのお手伝いにぜひ行きたいと思います。

PageTop

ヤマツツジウォーク

2014/05/17

いやいや、ずいぶん遅くなってしまいましたが、行事のリポートをお送りします。
5月17日土曜日、雪入初のヤマツツジ・ウォークが開催されました。
(実はこの日僕のお誕生日だったんですう。だれかお祝いしてえ。^^)

当日集まったのは、一般参加者15名と、案内役の雪入探険隊メンバー10名の総勢25名。
軽い準備運動の後、まずは展望台にあがりました。
すっきり澄んだ五月晴れ。実に遠くまで展望が楽しめました。

DSCF0956.jpg

そしていよいよ剣ヶ峰を目指して急坂登り。実はこのルート、イベントで使うのは今回初めて。ということは、一般の方でここを歩くのは本日の参加者が初めてってことですね! 事前に探検隊が安全確保のためはったロープにしがみつき、えっさえっさと登ること30分。

DSCF0959.jpg

剣ヶ峰の休憩広場に到着。

DSCF0966.jpg

公園の展望台より100m高いので、かなり遠くまで展望がききます。実にきれいな風景。

DSCF0969.jpg

小休止の後、尾根道をたどり、路傍に咲くオオナルコユリなどの草花をながめながら「あきば峠」を目指します。

DSCF0974.jpg

DSCF0965.jpg

尾根道はほとんど展望がききませんが、峠に出ると筑波や愛宕の山並みがきれいに見えました。

DSCF0977.jpg

浅間山頂へ行く途中、最近整備されたツツジの広場で小休止。時期は少し遅かったですが、それでもヤマツツジはちゃんと花が残っていましたよ。

DSCF0983.jpg

そして、ここから眺める筑波山は最高です!

DSCF0994.jpg

浅間山頂へ行く途中、路傍で黄色く輝くキンランを発見してみな大喜び。

DSCF0999.jpg

やっとついたああ。おなかすいたああ。でもランチタイムはまだ先ですよ。

DSCF1004.jpg

ここから三ツ石森林公園に下りて、森の小屋で昼食。
所長が用意した100gうん千円の日本茶をいただきながら、楽しいランチタイムとなりました。

DSCF1011.jpg

さあ、ここからいよいよ帰り道。
舗装道路の林道を歩いてネイチャーセンターを目指します。
途中、藤見の滝入口で軽トラ茶屋を開業し、上佐谷小学校のこどもたちが作った「梅ジュース」をふるまいました。

DSCF1025.jpg

一服後に探険隊ガイドの案内で藤見の滝見学。やぶがひどくて道路からはまったくその姿が見えなかった滝も、探検隊の整備のおかげでこんなにきれいに見えるようになりました。

DSCF1037.jpg

人数もちょうどよく、景色や花、野鳥の声などを堪能しながら、とても楽しい一日を過ごすことができたようです。
探険隊のみなさま、たいへんお疲れ様でした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。