雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大好評 苔玉講座

2014/04/29

昭和の日の今日、和の風情をご家庭に、をテーマに、毎年ご好評をいただいている「苔玉講座」を実施いたしました。

DSCF0894.jpg

講師は、茨城県県南造園土木協業組合会長で一級造園施工管理士の宮本和雄先生。
集まった主婦の方など25名を前に、若干緊張ぎみ?に会長がまずは作り方のお手本。
「下手なおにぎりを作るような感じでやると、きれいに丸くなります」など、ユーモアを交えながらの説明に、笑い声が絶えませんでした。

DSCF0898.jpg

何種類もある植物の中から自分好みの盆栽の主役と脇役のお皿を選んで、いざ制作開始。
去年参加した方もおり、開始から30分もたたない内に上手に完成させた方もいらっしゃいました。

DSCF0903.jpg

苔玉用に注文した一個一個手作りのお皿にのせて完成。
これなら玄関やリビングに置いても楽しめるインテリアになりますね。

DSCF0902.jpg

次回は8月3日に、夏休みの親子対象に講座を行います。

スポンサーサイト

PageTop

藤見の滝のウワミズザクラ

2014/04/27

雪入探険隊で整備を進めている「藤見の滝」でウワミズザクラが見ごろを迎えました。

DSCF0873.jpg

へたくそな写真では雰囲気が伝わりにくいですが^^;、樹高15mほどの立派なウワミズザクラが、沢の流れの上に枝をはりだしていてとってもきれい!
とくに日がさす前の8時ぐらいがベストショットタイムです。なぜかというと、日陰でバックが黒く、白い花のついた枝ぶりが引き立って見えるからなんです。上の写真は8時30分ごろもので、すでに日が差し込んでしまっていますね。

これがウワミズザクラの花。白くて小さい花が穂のようにかたまっていて、キツネのしっぽのようですね。

DSCF0879.jpg

滝の名の由来になったフジの花も咲き始めました。
まわりではヤブサメやキビタキ、ウグイスなどの美しい小鳥たちのさえずりが響き渡って、すんごく気持ちのいいところです。

DSCF0881.jpg

こちらはネイチャーセンターの下にある雪入池。池畔のウワミズザクラやアオダモが咲きだし、こちらも雰囲気のいい場所です。

DSCF0884.jpg

新緑の雪入はとても気持ちの良いところです。ぜひ遊びにいらしてください。

PageTop

春の虫さがし

2014/04/26

今年度最初の自然教室は、NACS-J自然観察指導員で茨城県自然博物館などでも昆虫観察の指導をされている柄澤保彦先生を講師にお招きし、春の昆虫ウォッチングを楽しみました。

先生はもう10年来、雪入で40回以上も昆虫観察会の講師を続けていらっしゃいますが、4月にやるのは初めて! ということで、先生もたいへん楽しみにされていたようです。

DSCF0839.jpg

ネイチャーセンター玄関前で、いつもように出発前のレクチャーを行った後、さっそく虫探しへ。
と、いきなり先生何かを捕獲。
その手にあるものはなんとハチじゃありませんか? 先生大丈夫なのお?
「これは雄で針がないから大丈夫。でもかまれると痛いから持ち方は気をつけないとね」

DSCF0841.jpg

うむ、さすがは虫のプロです。
雄は、雌さがしのためにくるくる飛び回っていることが多いそうです。
さて、お次はガマズミの幼い木に黒々したものがたくさんついているのを発見。
マルカメムシという虫だそうです。

DSCF0842.jpg

先生は虫だけでなく植物もとっても詳しいんです。
これはカスマグサの説明をされているところ。

DSCF0844.jpg

で、カスマグサって何? ラスノエンドウとズメノエンドウの中間の大きさだから、カ・ス・間・草 なんだって。先生が手に持っているのは左からカラス、カスマ、スズメです。こんな写真じゃ分かんねえって人は、ここまで来てください^^。

DSCF0854.jpg

今日はとっても暖かったので、昆虫たちの動きも活発で、40種類以上を見つけることができました。
主なものをピックアップして紹介します。

駐車場の看板裏に巣作りしていたフタモンアシナガバチ。

DSCF0853.jpg

おなじみベニシジミ。

DSCF0851.jpg

モモブトカミキリモドキの雄。メスのももは太くないそうです。

DSCF0849.jpg

成虫のまま越冬したツチイナゴ。

DSCF0845.jpg

虫じゃないけど。 「雨ふんねえかなあ」って顔して上見てるアマガエル。

DSCF0860.jpg

最後に出てきたミヤマセセリ。

DSCF0871.jpg

そして、本日のホームランはこちら。テングチョウです。虫の観察会にはほとんど毎回参加している男の子も、これは初めてだそうで、なまら興奮していました。

DSCF0866.jpg

次回は7月26日。夏はどんな出会いがあるかしら。

PageTop

夏鳥渡来中


2014/04/23

山桜の花シーズンもおわり、山は新緑の季節を迎えました。
やわらかな新葉は昆虫の幼虫たちにとってご馳走。新緑の森にたくさん発生するこれら虫たちを食べに、南方から美しい渡り鳥たちがやってきています。

4月に入ってやってきた夏鳥たちは以下のとおり。

4/1 ツバメ (昨年は4/2初認)
4/5 サシバ (昨年は4/4初認)
4/17 オオルリ (昨年は4/23初認)
4/22 センダイムシクイ (昨年は4/20初認)
4/23 キビタキ (昨年は4/20初認)
4/23 ツツドリ (昨年は4/28初認)

朝早い時間帯のネイチャーセンター周辺は、こらら夏鳥たちとウグイスやホオジロなど留鳥たちのさえずりコーラスがひびきわたります。

これから5月中旬ごろまでにやってくる夏鳥は、ヤブサメ、イカル、エゾムシクイ、ホトトギス、イワツバメ、サンコウチョウ、サンショウクイなどです。

DSC_5692.jpg
キビタキ(写真は昨年のものです)

PageTop

雪入BIRDERS倶楽部を設立します!

2014/04/17

野鳥をメインにしたグループを作りたい!
ということで、数か月前から温めていた計画を実行することにしました。

その名も「雪入BIRDERS倶楽部」。

来月の愛鳥週間に設立する目論見で只今準備を進行中。
5月11日(日)に、設立記念の探鳥会&入会説明会を開くことになりました!

案内のチラシは「こちら

この倶楽部は、バードウォッチングや野鳥フォトなど野鳥を楽しむなかまが集まって、会員どうしの親睦と交流をふかめたり、野鳥情報の収集と整理、市民向けの普及啓発を主な活動メニューにしていきます。
また、会員の知識や技術向上のためのお出かけ探鳥会なども計画したいと思います。

なかまといっしょに野鳥を楽しみたい方なら、老若男女、ベテラン、ビギナーを問わず、どなたでも入会していただけます。
現在、倶楽部の規約や役員人事などの手配を行っていますので、詳細が定まりましたら、入会のご案内をあらためて発表させていただきます。



PageTop

サクラの次は?

2014/04/17

今年の桜シーズンは先週でほぼ終わりました。
ほんと、桜の散るのは早いですね。

さて、桜が終わるといよいよ春の花ラッシュです。
三ツ石森林公園ではツツジ、ジュウニヒトエなどが咲き始め、スミレのなかまも5種類ほど観察できます。

DSCF0826.jpg

DSCF0822.jpg

ネイチャーセンター前のウワミズザクラも猫のしっぽのような特徴ある花を咲かせ始めました。

DSCF0827.jpg

これから5月のゴールデンウィークまでは、いろいろな草木の花が咲き競います。
お天気のよい日は、ぜひ雪入山ハイキングにおいでください。

PageTop

山桜ウォーク大盛況!!

2014/04/12

平成26年度最初のイベントは、今年で2回目となった「山桜ウォーク」!
数千本自生するといわれる雪入の山桜をメインテーマにした、桜のある風景を堪能するハイキング。
市内外から300名の参加者が集まり、里コースと尾根コースの2つに分かれて春の一日を楽しみました。

雪入ふれあいの里では「里コース」の開会式が行われ(尾根コースは青年の家)、9時20分に出発。

DSCF0655.jpg

ネイチャーセンターからコナラ・クヌギの新緑に包まれた「峰コース」を通り、いったん雪入の集落におります。

DSCF0669.jpg

果樹の里らしく、かわいらしい梨の花が参加者を出迎えてくれました。

DSCF0673.jpg

ソメイヨシノとオカメ桜の並木道を歩きます。日差しもやわらかくて、とっても気持ちのいい歩道でした。

DSCF0675.jpg

数百メートルある並木道の終点にある「いぼた神社」で小休止。桜吹雪の舞い散る鳥居をくぐり、歩きすぎてイボができないよう「いぼとり」の神様にお参りです。

DSCF0679.jpg

いぼた神社からは尾根伝いの林道を登っていきます。途中、林のないところから、美しい姿の浅間山を望むことができました。

DSCF0688.jpg

ヘビのようにうねうねした林道歩き。沿道にはソメイヨシノが植えられているんですが、花は終わりかけだったのがちょっぴり残念。でも、新緑の林道あるきもいいものですね。

DSCF0693.jpg

途中から雪入ふれあいの里方面へのびる林道に折れて、平坦で景色のよい林道歩き。途中には、こんなに立派な山桜(これは眺望大桜)がそちこちにあり、それは見事でした! 下を歩いている人の大きさと比べてみると、相当大きいことがお分かりいただけると思います。

DSCF0699.jpg

林道からはこんな絶景も! 山桜が点在する新緑の雪入山です。どうです、見事でしょう?

DSCF0705.jpg

約2時間の歩きでネイチャーセンターに到着。駐車場入り口で完歩のスタンプを押してもらいます。

DSCF0707.jpg

昼食休憩後、駐車場下の空き地で桜の記念植樹が行われました。かすみがうらライオンズクラブから市に寄贈された桜の苗11本のうち2本を、今日の参加者から市民の方4名に出席していただき、かすみがうらライオンズクラブの岡本会長、宮嶋市長、中根市議会副議長、外塚県議会議員とともに植樹をしていただきました。大きく丈夫に育ってくれるよう管理したいと思います。

DSCF0749.jpg

記念植樹終了後、延長10kmを歩いてきた「尾根コース」の参加者たちが到着。

DSCF0763.jpg

センター前の出店で豚汁やコーヒーなどを楽しんだ後、青年の家にむけて出発! ここからの30分がけっこうきついんですよね。でも、みなさん無事に到着されたようでした。

IMG_4780.jpg

今日は本当に天気にも恵まれ、山桜の開花状況もぴったりで、とても充実したハイキングをお楽しみいただけたようです。
来月には「ヤマツツジ・ウォーク」も開催しますので、ぜひご参加ください。

最後に、ウォーキングの案内や駐車場整理などにあたってくださった多数のボランティアスタッフのみなさん、明日もお祭りで大忙しの中共催してくださった中央青年の家の職員の方々、ほんとうにありがとうございました。

PageTop

本日のヤマザクラ

2014/04/09

今日は朝から曇りがちですが、ぽかぽか陽気で、外を歩きたくなっちゃいます。

日を追うごとに山肌はヤマザクラの白やピンクできれいなモザイク模様に染まっています。

今朝、ネイチャーセンターのベランダから見た浅間山の尾根はこんな感じ。
森の中からはウグイスやソウシチョウのにぎやかなさえずりが聞こえてきます。

DSCF0651.jpg

人工的な騒音がほとんどないので、この風景と自然音に包まれながら、ランチやコーヒーブレイクを心ゆくまで楽しむことができますよ!

PageTop

霞ヶ浦から見た雪入山

2014/04/06

海鳥調査のお手伝いの帰り道、霞ヶ浦湖畔をドライブしてみました。
夕焼けがとってもきれいで、湖畔では写真撮影の人たちがあちこちに見られました。

これは、筑波山をバックになだらかな稜線を浮かび上がらせている雪入の山並みです。
たまに遠方から離れて見るのもいいですね。

DSCF0633.jpg

PageTop

2014年3月の鳥あわせ

2014/04/05

雪入ふれあいの里公園 2014年3月に記録のあった野鳥です。

キジ、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、フクロウ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ(16日さえずり初認)、シジュウカラ(15日さえずり初認)、ヒヨドリ、ウグイス(11日さえずり初認)、エナガ、メジロ(16日さえずり初認)、シロハラ(25日終認)、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ(26日終認)、カヤクグリ、スズメ、キセキレイ(26日初認)、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、ホオジロ(13日さえずり初認)、ミヤマホオジロ、アオジ(20日さえずり初認)、コジュケイ、ソウシチョウ
以上の38種類でした。


今月のトピックとしては
・カケスがサシバやノスリの鳴きまねをするようになった(14日)。
・スズメが軒下に巣材を運び込み始めた(16日)。
・キセキレイのつがいが戻ってきて巣の場所を物色しはじめた(27日)。

などでした。

4月はいろいろな渡り鳥やタカの渡りなどが観察できる月です。どんな野鳥に出会えるか楽しみですね。

PageTop

本日の桜

2014/04/05

昨日のすさまじい天気とはうってかわって、今日は朝からピーカン・すっきりの好天。
出勤途中に林道沿いの桜をとってきました。

ソメイヨシノは今が見ごろですね。ヤマザクラは来週末ぐらいがよいと思います。

DSC_0003.jpg

DSC_0005.jpg

DSC_0009.jpg

DSC_0014.jpg

今朝は空の青がとっても美しく濃かったので、桜の薄桃色の花もうきあがって最高にきれいでした!!

PageTop

つた工芸の仲間たち展開催中

2014/04/01

ひょんなことから知り合いになったつた工芸グループの方が、6日までの期日で作品展を開催しています。

DSCF0585.jpg

昨冬、材料集めにいらした先生を山に案内し、アケビの細いつるをいっしょに採取したのが縁で、今回の展示会を開催する運びとなりました。

売り物になるくらいクオリティの高い作品で、あの時採ったアケビ蔓がこんな素敵な作品に変身するとはびっくりしました。

これはやや太めのアケビ蔓で作ったライトスタンドです。
雰囲気のある和室にぴったりかも。

DSCF0584.jpg

今週日曜日までの開催ですので、サクラウォッチングがてらぜひご来場ください。

PageTop

ソメイヨシノ見ごろ

2014/04/01

消費税も上がってなんとなく沈みがちな新年度を迎えましたが、桜はいつもどおり元気で美しい花を咲かせてくれました。

観察路のオカメ桜は満開。

DSCF0567.jpg

沿道のソメイヨシノも5分~8分咲きで、これから1~2週間ぐらいが見ごろ。

DSCF0588.jpg

ヤマザクラも咲き始め、本格的な桜シーズンを迎えました。

DSCF0606.jpg

地上にも素敵な花が。ヒトリシズカがひっそりと天に向かって背伸びをするように花を咲かせていました。

DSCF0607.jpg


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。