雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

アオゲラとシジュウカラ

2013/01/31

早いもので1月も今日で終わり。
今日は朝から小春日和という言葉がぴったりの暖かい日です。
鳥たちもどこかせわしいご様子。
日課になっている朝のベランダバードウォッチをしていると、里の方からキジの「ケーンケーン」という声が。

正面の杉林からはキツツキの鳴き声が絶え間なく聞こえてきます。
声の主は?とさがしていると、杉の木のてっぺんに姿を現してくれました。
いやいや、きれいな雄のアオゲラですこと!(ちっちぇー)

DSCF0151-001.jpg

30分ぐらいこうして日向ぼっこ?をしていました。

ベランダから玄関に回って北側斜面の鳥を探していると、餌台にシジュウカラがひまわりの種をついばみにやってきていました。

DSCF0159.jpg

この餌台、2か月くらい前に設置したんですが、さっぱり鳥がやってこなくて場所を替えようかと思っていたところでした。山に餌がだいぶなくなってきたのかもしれませんね。

おっ、今、これを書いている最中、窓の外を飛んでいるのはアカタテハじゃない?
この陽気にさそわれて冬ごもりから目覚めてしまったようです。

PageTop

海鳥調査に行ってきました

2014/01/26

昨年秋からやっているある海鳥調査のお手伝いにいってきました。
午前中は風もあまりなく暖かったのですが、午後1時すぎから北寄りの冷たい風が強くなり、双眼鏡を持つ手もふるえて遠くにいる鳥の識別がたいへんでした。

海岸のテトラポットには、いつもイソヒヨドリのきれいな雄がいて、撮影のチャンスをうかがっていたのですが、今回買ったばかりのXS-1で「えばった格好」の1羽をみごと撮影することができました。

DSCF0124.jpg

帰る途中、夕焼けがとってもきれいだったので、車をとめてパチリ。

DSCF0133.jpg

海鳥もそこそこ種類が見られて、とてもよい一日でした。

PageTop

バードウォッチング入門

2014/01/25

今日は、保育園児から60代までの男女16名の方とバードウォッチングを楽しみました。
双眼鏡を持つのが初めて、という方もいらっしゃったので、まずは双眼鏡の使い方からレクチャー。

この冬一番の暖かさということで、鳥もたくさん出てくれるかな、と期待しながら出発。
ネイチャーセンターや駐車場のまわりを歩きながら、鳥をさがしました。

見られた鳥は
トビ、ノスリ、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、ジョウビタキ、シロハラ、カワラヒワ、ベニマシコ、カヤクグリ、アオジ、スズメ、エナガ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、コジュケイ、ウグイス
の19種でした。

お目当てのミヤマホオジロは残念ながら見つからず。でも、ジョウビタキのきれいな雄、木の枝にとまってくれたノスリががじっくり観察できたのがよかったです。

DSCF0059.jpg

次回2月のバードウォッチングではどんな鳥たちに出会えるでしょうか。

PageTop

観察会の下見で...

2014/01/24

明日25日は、自然観察会「バードウォッチング」の開催日。
ということで、午前中下見をしてきました。

ネイチャーセンターのまわりと自然観察歩道をゆっくりと2時間半かけて歩いて、出てきた鳥を地図に記録していきました。

冬の目玉はなんといってもミヤマホオジロ。
目の黒くて太いすじと、その上下がとてもきれいな黄色をしているんです。
今日は3か所で合計十数羽が見られました。写真もばっちり。きれいな雄ですね。

DSCF0075.jpg


雪入池のまわりではベニマシコも出現。
かなりピンボケですがなんとか写真におさめました。

DSCF0070.jpg


今日は今年一番の暖かさ。先日咲いた紅梅の続き、今日は白梅も花を咲かせていました。
明日はもっと暖かくなる予報なので、どのくらい花が咲くか楽しみです。

DSCF0083.jpg


展望広場へつく直前、花の池のほとりでがさごそと何かが大きな音をたてていました。
対岸の観察路からそおっと覗いてみると、なんと大きなイノシシが2頭、土を掘り返して餌をさがしているところでした。写真ではお伝えできませんが、大人のイノシシは迫力がちがいますね。

DSCF0080.jpg


ネイチャーセンター前の小川のほとりに変な物体を発見。これ何???
実はこれ珍品。カワセミが口から吐き出したペリットなんです。ペリットって、未消化物をかたまりにしてはきだしたもの。小魚のうろこやザリガニの足みたいなものも入っていました。
ここに落ちているってことは、カワセミがきている証拠ってことですね。

DSCF0084.jpg

見られた鳥は20種類ぐらい。さて、明日はどんな鳥たちに出会えるでしょう。

PageTop

デジカメ買っちゃいました

2014/01/22

最近、デジいち+長望遠ズームの機動性をフル発揮できなくなりつつある年齢であることを痛切に感じはじめ、思い切ってズームレンズを手放し、その収益でもって高倍率ズームのコンデジに買い換えました。

ものはFUJI FILMのXS-1。いろいろな機種を検討した結果、撮像素子が2/3型と同クラス中最大で、手振れ補正つき26倍マニュアルズームということで決定。本日納品。早速鳥を撮ってみました。

こんな感じできれいにジョウビタキが撮影できました。
DSCF0011.jpg

DSCF0016.jpg

24~624mmまで無段階にズームが効くので、撮影シーンはかなり広がりそう。
ちょっと重いですが、いい買い物をしました。
これからバシバシとりまくるぞおお。

PageTop

雪景色

2014/01/22

昨夜から降り出した雪はおとといよりも量が多く、ネイチャーセンター周辺での積雪は3cmほど。
持ち合わせのスマホで、雪が解ける前にとあわてて撮影した雪景色です。

林道の入り口から雪入山を望む
DSC_0384_201401220835462e5.jpg

同じ場所から山本山を望む
DSC_0386.jpg

藤見の滝付近から雪入山を仰ぐ
DSC_0388.jpg

雪入池
DSC_0389.jpg

雪入池から浅間山を望む
DSC_0392.jpg

駐車場からの里の眺望
DSC_0393.jpg

雪をかぶった空木
DSC_0401.jpg

崖下に消えたウサギの足跡
DSC_0403.jpg

上手な人が撮ればもっときれいな写真になるんでしょうが^^;

こんな素晴らしい日にだれも写真撮影に来ている人はいませんでした。ほんとここは隠れた風景写真の名所です。

PageTop

モニタリングサイト1000冬の調査終了

2014/01/20

今シーズン最後の鳥の調査のため北茨城市の定波へ行ってきました。
昨年夏から今年冬のシーズンは、5年に1回調査がまわってくる準コアサイトの筑波山との掛け持ちの年で、年末年始をはさんで計4回冬鳥の調査をしてきました。

ツグミやアオジなど普通種のほか、年によってわたってくる数がかわるアトリやマヒワが今年は多く見られました。

IMG_20140120_105552899.jpg

調査地の定波のブナ林は、思ったほど積雪が少なく、一昨年のようにカンジキを使うこともなく楽に歩けました。

VID_20140120_112330.jpg
IMG_20140120_112029786.jpg

ブナ林から湧き出る水はとってもきれい。川岸の草や岩にかぶった水しぶきが凍り、芸術的、幻想的な風景をつくりだしていました。これはかなりフォトジェニックです。

DSC_0384.jpg

調査で凍えた体にはやっぱり温泉ですよねえ。
いつも調査の帰りに立ち寄る大子町の「月居温泉・滝見の湯」は、地元の人たちが組合を作って運営している旅館付きの湯治場です。
肌がつるつるすべすべになるので女性の方には特におすすめ。入浴料も350円と銭湯並み。
ここから徒歩10分ほどで、袋田の滝の上にある秘滝・生瀬滝に行けるので、入浴前のお散歩もいいものですよ。

PageTop

初冠雪

2014/01/19

この日、茨城県では平地でも雪がうっすらと積もり、初冠雪となりました。
ネイヤーセンター玄関前のクロガネモチも雪化粧。緑の葉、赤い実とのコントラストがとってもきれいでした。
(写真がへたですみません)

IMG_20140119_08472026.jpg

お天気がよかたったので、午後にはほとんど融けてしまいました。
今回の雪は、さらさらした、実に茨城らしくない雪でした。それだけ乾燥して寒かったのでしょうね。

PageTop

鳥の帽子

2014/01/16

昨年、社会福祉協議会の事業でハイキングを楽しみ、知り合いになった女性の方から、ここへ来る子供たちのために、とこんなかわいいプレゼントをいただきました!

DSC_0385.jpg

この帽子、千葉県にある谷津干潟自然観察センターのホームページにのっていたものを見て、
「うちにもこんなものがあったらこどもたち喜ぶのになあ。お裁縫が得意な方がいたら作っていただけません?」
と、その女性の方に何気にお話ししたところ、
「じゃあ、ちょっとやってみるわね」
とのお返事。

年を越して二週間ほどたってから
「できたわよ~」といって持ってきてくださったのがこの4作品です。
どうです? かわいいでしょ。

この方、実は大のお裁縫好きだったらしく、おうちにあった布の端切れの山から使えそうな材料を見つけて、型をとりミシンで縫い上げて作ったそうです。

野鳥観察会のときはこれをかぶったらおもしろいね! 
ということで、19日に実施したNツアーのバードウォッチングガイドで早速お披露目。
お客様にはけっこうウケました^^

館内に展示してあるので、自由にかぶって、記念撮影などして楽しんでほしと思います。


PageTop

梅の花が咲きました

2014/01/13

新しい年が始まったというのに、すっかり更新をさぼっておりすみません^^;
連続で数日分をアップします。

さて、先週あたりからずいぶん冷え込んでますね。朝は連日氷点下だったり雪が降ったりして、朝の通勤はひやひやものです。

そんな厳寒のさなか、ネイチャーセンターの脇に植えてある梅がひと月も早く花を咲かせました!!

IMG_20140113_133335676.jpg

ここは南向きの日当たりのよい場所なので、日中は事務所の中より暖かいんです。
日が長くなってきたのと、暖かい日差しに誘われて花を開いたはよいのですが、やっぱり朝晩はかなり寒い。
「やっぱちょっと早かったかな?」。しぼしぼの花びらがそう言っているみたいでした。

PageTop

2013年12月の鳥あわせ

2014/01/05

野鳥情報 2013年12月の鳥あわせ

2013年12月に公園とその周辺で記録された鳥を次のとおりレポートします。

ヤマドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、トビ、ノスリ、フクロウ、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、モズ、カケス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アオジ、ソウシチョウ

以上の39種類でした。
今月はちょっとさぼってしまった日があったので、少な目の記録になってしまいました(^^;)。

冬鳥たちが勢ぞろいし、3月まではコンスタントに30種類前後の鳥に出会うことができます(1日で)。

ネイチャーセンターでは、開館日のほぼ毎日、周辺で観察された野鳥の記録をとっています。毎日の生のデータは、センター内に掲示しています。

PageTop

雪入の初日の出

2014/1/1

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日は雪入ふれあい里開園初?の元朝オープン。
暖かいネイチャーセンターから初日の出を楽しんでいだたこうと企画、広報したところ、天気予報は晴れということで、5時を過ぎたころから三々五々お客様がやってきて、7時前には駐車場がほぼ満杯となりました。

さえぎるもののないセンターのベランダからは、実にすばらしい初日の出を拝むことができ、みなさんとっても満足されていたご様子。
この日特別に出店協力いただいた「金命水コーヒー」の売れ行きも好調でした。

元旦からこのような賑やかなスタートをきれて、今年はいい年になりそうです。

来年以降も続けていきますので、今年来られなかった方はぜひ来年きてみてください。

DSC_7683.jpg
DSC_7694.jpg
DSC_7703.jpg

PageTop