雪入ふれあいの里の自然情報

日本の原風景・果樹の里山から旬の自然情報をお届けします。

野鳥動画 ~カワセミ~

2017/10/15
今日は朝から冷たい雨。お客さんの姿もほとんどみえない静かな日。
きっとそんな日だから、いつもはザリガニ釣りでにぎわっている「オタマジャクシのながれ」に、朝から何度もカワセミがやってきています。小さなこどものザリガニをつかまえに来ているようです。

[広告] VPS

PageTop

野鳥動画の撮影を始めました ~ヤマガラ~

2017/10/15

以前買ったコンデジで野鳥の写真撮影をしてきましたが、ピント合わせのスピードは一眼レフには勝てませんね。
何度それで撮りのがしたことか。
一眼には画質でも勝ち目はないので、ならば記録も兼ねて動画を撮ろうと思い、デジタルビデオカメラを買ってしまいました^^

小さくて扱いやすいし、コンデジよりもズームがきくので、遠くにいる鳥を逃すことなく撮影できます。

駐車場わきのエゴノキの実を取りに来たヤマガラを撮ってみました。


[広告] VPS


また何か面白いものが撮れたらアップロードしますね。


PageTop

2017年9月の鳥あわせ


2017年9月に雪入ふれあいの里公園とその周辺で観察された野鳥は以下のとおりです。

キジ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、ホトトギス、アマツバメ、ミサゴ、ハチクマ、ツミ、オオタカ、サシバ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、チゴハヤブサ、ハヤブサ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、エゾビタキ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上36の種類。

トピックス
〇タカの渡りが観測されました。昨年よりハチクマさんの出方があまりよくなかったですが、珍しいチゴハヤブサが観察会の時に見られました。
〇タカ以外にも、ホトトギス、アマツバメ、エゾビタキなど、渡りの通過途中の小鳥たちも見られました。

ちごはやぶさのコピーチゴハヤブサ

PageTop

2017年6~8月の鳥あわせ


ここ数か月、連日の除草なと管理作業に没頭しており、更新をまったくおこたっておりました。閲覧されている方、たいへん申し訳ございませんでした。

さて、6月から8月までの雪入ふれあいの里公園とその周辺で観察された野鳥についてまとめました。

2017年6月
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、ゴイサギ、アオサギ、ホトトギス、トビ、オオタカ、サシバ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、サンコウチョウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、オオヨシキリ、キビタキ、オオルリ、スズメ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上34種類。

2017年7月
キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、チュウサギ、ホトトギス、ハチクマ、トビ、サシバ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、サンコウチョウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、オオヨシキリ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上36種類。

2017年8月
キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、チュウサギ、ハチクマ、トビ、サシバ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上28種類。

今月はタカの渡りの観察がメインとなります。16日にはタカ渡りの観察会を行いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。
時間は9時から、場所は当公園の屋外トイレ前の広場周辺です。
↓ネイチャーセンター上空を舞うトビ、ノスリ、サシバたち
タカ柱

PageTop

2017年5月の鳥あわせ

雪入ふれあいの里公園とその周辺で、5月に観察された野鳥は以下のとおりです。

キジ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ホトトギス、トビ、サシバ、ノスリ、フクロウ、コゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、メジロ、オオヨシキリ、トラツグミ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、コジュケイ、ソウシチョウ
以上の38種類。

トピックス
・夏鳥、旅鳥飛来
9日/トラツグミ、12日/オオヨシキリ、14日/サンコウチョウ、21日/ホトトギス
・ツバメの家族がやってきました。ネイチャセンターには巣は作りませんが、里で子育てしたツバメの夫婦が、毎年巣だった幼鳥を連れてやってきます。

ツバメ

PageTop